calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
categories
archives
comments
recommend
読書
links
profile
others
本と着物メインの場所。気が向いたら書く方向で。
<< たまらんかっこいい  main  熊野にいきたいなw バトンでおじゃる! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.04.20 Sunday   -  -
福山市文学賞
ダヴィンチに告知出とってびっくりした!
いつのまにこんな恥ずかしい事するようになったの!!
島田荘司ってそうか福山出身だったんだな。
因みに隠の王作者さんも福山らしいです。
ポップが良く出てて恥ずかしいと思う←
それにしても気付かんかった。
私の出身地尾道も有名な文豪が出てるけど、
その人の小説を読んで恋愛小説書くには燃える恋を
全身全霊でせにゃ無理だなーと思った。
寂聴さんの本よんでも思ったけど人生をかけた恋をする人の話は
胸に来るものがあるんだな、と思う。
凄いけど、私には絶対真似できんなぁ。
祖母曰く気が強いというか気性が激しい。
プライド高い。誰かに従うのは難しいんだとよ。
武家の血か?気性が激しいのってそれっぽいイメージ。
話が逸れましたが、福山文学賞はミステリーなんだって。
ミステリーなんか書けないので応募できんな←
まずトリックが思いつかん・・・かわいそうに。
でもホラーミステリーなら・・・・
名探偵や密室が無くてもいいなら。
ミステリーってボカスカボカスカ人が死んでも良さそうですおね←




じっちゃんのなにかけて!じゃね
(じっちゃんは士族の病弱な三男坊ですよ、もう片方は鍛冶屋の棟梁ですよ。名探偵じゃないぜ可哀想に)
2008.02.08 Friday 00:44  -  comments(0)
スポンサーサイト
2008.04.20 Sunday 00:44  -  -