calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
categories
archives
comments
recommend
読書
links
profile
others
本と着物メインの場所。気が向いたら書く方向で。
<< ちりぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ  main  報告とかまぁそのいろいろ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.04.20 Sunday   -  -
実は夏目好きなんですよねぇ
夏目友人帳 5 (5) (花とゆめCOMICS)
夏目友人帳 5 (5) (花とゆめCOMICS)
緑川 ゆき

読んだよ!やっと5巻をね!ずっと買ったまま熟成させてた←
やっぱりニャンコ先生やばい!可愛過ぎる!ブサ加減がやばい!可愛い!
ニャンニャン先生って・・・可愛すぎるだろ。
欲しいよーニャンコ先生。ヘムヘムはいらないけどニャンコ先生欲しい。

夏目は読む度に考えさせられる。

私の書く妖怪たちの場合は皆私の夢っていうか、人世から離れた場所に住んで居て
その離れた場所から人世を見て「人間はなんておかしな生き物だろうか」と言って居るんです。
人間にはしがらみなんて物が何処にいても付き纏って離れる事は出来なくて…
いっその事人世を出てしまえば随分楽なんじゃないかなって思う。
人世から出た者たち、それが妖怪小説を書く上で私の中にある根本的な妖怪の姿です。

だけど人世に居ながら妖怪たちに近ければ夏目やレイコみたいに一人で生きなきゃいけなくなって夏目を読む度そこが辛い。
人間は生きる者だからさ、集落の中でしか生きられないものだから
本当の意味での孤独を知らない大人なんていっぱいですよね。
精神的な孤独って人間を神様にも妖怪にもしてしまうんだと思う。
何言ってるかわからんくなってきたよ。
ダメだ…考えが酷い…

今回の巻だと人魚のおはなしがぐっときましたね。私は。
一度は信じたのに裏切られたと思ったからぶどうの汁を手渡したんでしょ。
この子は違うと思ってたのにってきっと思ったはず。
アー駄目じゃよ。最近涙脆い。

ちょびは見たいね。至近距離からいきなり見て「ぎゃー!!変な顔!!」って言いたい。



今心が夏目ってるから同人サイトで書いてしまいそうじゃわ;
書いてしまったらまた言います。
気になる人はコメント残して下さればこっそりサイト言わせていただきますよ。
多分←
2008.04.18 Friday 00:54  漫画  comments(0)
スポンサーサイト
2008.04.20 Sunday 00:54  -  -